子どもアートキャンプ

子どもアートフェスティバル2019 一般参加企画
子どもアートキャンプ
『地球を守るのはダレ?』

詳しい案内は 【こちら】

応募は 【こちら】

ファミリーで気軽にアートに触れ合える「子どもアートフェスティバル」に出演者として参加しませんか?ダンス・人形・オブジェを使って、みんなで楽しみながら作品を作り上げます。夏休み、ここでしか体験できないひとときをお届けいたします!

[スケジュール]
以下の日程にご参加お願いします。
8/17(土)15~17時@ひまわりホール
8/24(土)15~17時@ひまわりホール
9/7(土)15~17時@ひまわりホール
9/16(月祝)10~12時@19階会議室
9/21(土)15~17時 前日リハーサル@本番会場
本番:9/22(日)・23(月祝)各日1回ずつ

[募集要項]
参加費:無料
対象:小学生
定員:20名程度 ※定員に達し次第締め切り
応募〆切:7月末日

[講師]
寺原 幸
永草友士

[講師プロフィール]
◆寺原 幸[ダンス]
ミユキ·ダンス·アフィ主宰
子供の頃よりモダンダンスに親しみ、現在も現役で年数回の舞台に立つ等、異ジャンルとのコラボレーションも多く活躍する。
子供達の作品も長年に渡り創り、発表し続けている。

◆永草友士[人形]
1981年人形劇団むすび座に入団。以来、人形劇創造に携わる。
役者として、「西遊記」「雪おんな」など。
脚本家として、「ぶんぶく茶がま」など。
演出作品は、「ちっともコリン君!」「地獄八景亡者戯」など多数。
他に小学校や短大での人形劇指導も多い。2019年4月フリーとなる。

 

 

【挨拶文】

人形とカラダ。ダンスとカラダ。さてはて。

この共通点はというと、どちらも自分がコントロールをしなければならないということ。

人形だってまるで自分の身体の一部かのように操作をしなければならないし、ダンスだって右手と左手更には足もコントロールして動かさなきゃいけない。だけどこれだけじゃあ足りない。お客さんに見せられるようになるには……えーっと、、さあ、これだけで考えることはたくさんあるぞ。よし、考える前に動いてみよう!

こんな風に、考えたり動いたりしながらそれぞれ環境の異なる場所で成長してきた子どもたちが集まり、新しい仲間とともに大きな目標に向かっていきます。

その経験の中でもちろん様々な壁にぶち当たることもあるかもしれません。でも、できないことは、恥ずかしいことでも、悲しいことでもなく、できるようになる喜びがその先にはあるんだということ。これから出会う困難に、ドキドキワクワクしながら、乗り越えていく、生きる力になってほしいと思うわけです。

アートの世界はより答えのない世界、オリジナリティ、つまり個性を広げられる世界です。 未来を自分で創造していくためにも子どもたちには多くの選択肢をもってもらいたい、そんな思いで子どもアートキャンプを企画しました。

ぜひ、子どもたちの勇姿をご覧ください。

 

 

[応募方法]

下記必要事項を記入の上、 FAX/郵送/メール/HPのフォームのいずれかからお送りください。

 

・氏名(ふりがな)

・年齢

・性別

・学校・学年

・保護者氏名

・保護者連絡先(TEL自宅携帯/MAIL)

・住所

・特に興味があるジャンル(ダンス/オブジェクト・人形扱い/両方)

・備考(参加にあたって特に伝えておきたいこと・参加スケジュールなど)

 

[応募先・お問い合わせ]

TEL/ 052-212-7229

FAX/ 052-212-7309

MAIL/ artcamp2019@aichi-puppet.net

郵送/

〒460-8551名古屋市中区丸の内3-22-21 損保ジャパン日本興亜名古屋ビル8F

特定非営利活動法人 愛知人形劇センター内「子どもアートキャンプ」係

Follow me!