P新人賞2016募集

P新人賞のPは人形劇パペットのP、オブジェ+身体パフォーマンスのPです。
人形ジャンルの明日を担う斬新な才能を発掘するために開催します。
2017年2月25・26日(土・日)に、ひまわりホールで開催の「最終選考上演会」で上演して頂きます。

受賞作品には賞金200,000円

・応募資格
年齢、経験、国籍、アマ・プロは問いません。
私は「新人」と思う人すべてに応募資格があります。
個人製作・団体製作ともに可能。
人形劇やオブジェ、身体表現を使った作品。
上演時間は45分以内。
出演者5名程度まで。
2017年2月25・26日(土・日)の最終選考上演会に出演出来ること。
(2 月24日がリハーサルです)

・第一次選考について
第1次選考にて、最終選考会に進む3団体を決定します。
以下のものを、9月15日(火)まで郵送及びメール送付して下さい(当日消印有効)。
① 個人・団体の名前、プロフィール、演出又は振付などの氏名
② 応募者の氏名、住所、電話、携帯電話、eメールアドレス(携帯、PC)
③ 今までに上演した1作品の映像(DVDにて)
④ その上演資料(チラシ、パンフレット、台本など)
⑤ 応募の意図、又は作品の意図(300字以内)

審査の流れ
第1次選考締切 9月15日(火)(当日消印有効)です。
第1次選考発表 2016年10月末までに応募全員に通知します。
最終選考3団体については、第1次選考委員が劇団稽古場へ伺い、最終選考上演会での上演作品の指導・見学を実施します。
2017年2月25・26日の最終選考上演会でP新人賞1作品と観客賞1作品を決定します。
最終選考会の上演については、往復交通費と宿泊費、規定の上演謝礼を特定非営利活動法人愛知人形劇センターが負担いたします。

最終選考委員
安住恭子(演劇評論家)
玉木暢子(日本ウニマ理事、人形演劇企画室β)
智春(演出家、振付家、肉体演劇作家、クラウン)
水谷イズル(現代美術家)
実行委員長/木村繁(特定非営利活動法人愛知人形劇センター理事長)

主催 文化庁、特定非営利活動法人愛知人形劇センター
制作 特定非営利活動法人愛知人形劇センター
協賛 損害保険ジャパン日本興亜株式会社

お申込み・お問い合わせ
特定非営利活動法人愛知人形劇センター
TEL 052-212-7229(平日10:00~18:00)
FAX 052-212-7309
mail@aichi-puppet.net
※お問い合わせは極力メールにてお願いいたします。
応募締切/9月15日(火)