『人形劇・寿歌』関連企画

2022_hogiuta_relational_cut

『人形劇・寿歌』関連企画
「読む・知る・聞く」

【1】戯曲を読む会『寿歌』
戯曲『寿歌』をまだ読んだことないというアナタ、この機会に声に出して読んでみましょう。セリフは全員に回るように一セリフずつ回して読みます。読み終えた後には一言ずつ感想をお伺いします。シンポジウムもご参加いただくと、より戯曲の世界が広がります。

10/16[日]14:30〜16:30
○料金:500円
○定員:15名 ※先着順/要事前予約
○進行:ニノキノコスター(オレンヂスタ)
○持ち物:戯曲『寿歌』(お持ちでない方にはコピーを貸し出しします)、不織布マスクの着用

【2】『寿歌』シンポジウム
1979年の発表以降、小劇場演劇の金字塔とも称され今なお愛される戯曲『寿歌』。作家・北村想をはじめ、初演から馴染みの深い方々をパネリストにお迎えして、『寿歌』のこれまでのあゆみから、現代演劇に与えた影響、各地の演劇人が上演したがる理由まで…戯曲の魅力を解体します!

10/16[日]17:00〜19:00
○パネリスト:
北村想(劇作家/『寿歌』作者)
桂九雀 (落語家)
小堀純(演劇プロデューサー・演劇評論家)
安住恭子(演劇評論家/「青空と迷宮―戯曲の中の北村想」著者)
ノノヤママナコ(音楽家・音響家)
○進行:小島祐未子(ライター)
○料金:1,000円(前売・当日共通)
○定員:54名

【3】久屋ぐるっとアート2022参加プログラム 『寿歌』リーディングシアター&トーク
北村想作の名作戯曲『寿歌』を、若手&中堅の劇作家・俳優がリーディング&トークを行います。今改めて読む『寿歌』に、若い世代の劇作家・俳優は何を感じるのか?

11/4[金]19:00〜21:00
19:00〜20:30 リーディング
20:30〜21:00 アフタートーク

○出演
[第一〜二幕]
岩井利和(劇団ひとみしり)
常住奈緒(はねるつみき)
新宮虎太朗(喜劇のヒロイン)
[第三〜四幕]
二宮信也(星の女子さん)
鹿目由紀(劇団あおきりみかん)
二瓶翔輔
[演出/ト書き]
ニノキノコスター(オレンヂスタ)
○料金:1,000円(前売・当日共通)
○定員:54名

■会場
損保ジャパン人形劇場ひまわりホール
名古屋市中区丸の内3-22-21 損保ジャパン名古屋ビル19階

予約フォーム
https://forms.gle/U8Di8FrGK93rSvNW9

以下をタップするとPDFファイルで開きます。

ーーーー
【感染症拡大予防対策】
◉37.5℃以上の発熱や体調不良の方はご来場いただけません。
◉入館時には、マスク着用、消毒、検温をお願いいたします。
◉ご来場者の氏名・連絡先の収集にご協力をお願いします。連絡先は公演後1ヶ月程度保管し、必要に応じて保健所等公的機関へ共有することをご了承ください。

※いずれも定員となり次第受付終了となります。
※【2】【3】は空きがある場合は当日の入場も可能です。