最終選考上演作品

人形劇団LimLim(愛知県)『空き地のおうち』
作・演出・美術/大森直子
【上演作品紹介】
いつもより嫌なことがあった一日。知らない道をひとりで帰ったぼくは、町はずれに広い空き地を見つけ、そこにあった小さな「おうち」のドアをノックします。ドアが開いてモグラや蝶など次々に現れますが、皆おうちの住人は自分じゃないと言って去って行ってしまいます。日が沈むころ、ノックしたドアからはついにはオバケが現れて…。子供ながらに切ない気持ちを抱えたぼくが、小さな冒険で少しの勇気をもらう物語。
【劇団プロフィール】
人形劇団LimLimは、名古屋市西区に住む、3歳から10歳までの子供を持つママばかり7名(作品への出演は5名)の劇団です。
劇団名の「LimLim」は南の国の言葉で、卵を温めるときの温度や人肌を意味します。隣に座ったお友達の体温を感じながら、一緒にクスクス笑ってハラハラして、人形劇を観終わったらもっと仲良しになってた!そんな人形劇をお届けします!
出演:大森直子、清島直美、今野香織、丹羽亜弥子、藤川周子


劇団ドクトペッパズ(東京都)『うしのし』
演出・構成/劇団ドクトペッパズ
【上演作品紹介】
ぽっかりと浮かんだ月のまんなかに心に空いた分だけぽっかりと穴が空いた死んだうしのひづめにもぽっかりと穴がありぽっかりぽっかりと歩いていく音が聞こえるようだった…
長年連れ添った老人と牛はいつも通り仕事を終えた。その夜老人が寝ている間に牛は死んでしまう。翌朝、牛の魂に誘われ老人は不思議な世界に迷い込んでいく。そこで老人はふたりの思い出や美しい風景を見て牛が老人に抱いていた想いを知る…。
動物と共に生き、時を重ねた人間の姿を描き出す、牛の死の物語。
【劇団プロフィール】
杉並区の公共劇場『座・高円寺』附属の演劇養成所『劇場創造アカデミー』の第1期修了生により、2012年結成。2015年4月より東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ・レジデンスアーティストとして活動。2017年7月より若葉町WHARF・繋留カンパニーとなる。主に人形やオブジェクトを使った子ども向けのノンバーバル演劇作品の創作・上演や、大道芸の一分野である足長竹馬(スティルト)を使った子ども向けワークショップを行っている。
音楽・音響:富山雅之
照明:古賀彰吾、富山雅之
人形製作:谷口亮
出演:稲垣郁、大山晴子、古賀彰吾、下村界


HOLIDAYS(東京都)『ちゃぶ台』
作・演出/深堀絵梨
【上演作品紹介】
時が経って忘れてしまう数々のこと…幼馴染の節子の家に婿養子に入った敬三は、忘れてしまった何かを取り戻そうと家を出る。一人になった節子は過ぎ去りし日々を思い出す。初めてのデートで行った喫茶店、楽しかった夏祭り、一緒に遊んだ座敷童のこと…座敷童の存在がいつしか節子の背中を押す。
ちゃぶ台を挟んで生活するある夫婦の物語をお芝居とダンスで描きます。
【劇団プロフィール】
2011年、深堀絵梨(演出・振付・役者・ダンサー)を中心に音楽、映像、空間デザインを担当するメンバーと共に活動をはじめたパフォーマンスグループ。芝居とコンテンポラリーダンスを織り交ぜ、舞台表現の新たな境地を模索する。
音楽・音響:竹本仁
照明:宮崎絵美子
空間デザイン:平野雄介
出演:うえだななこ、深堀絵梨、他